青森県内の医療機関などで働くことを条件に、弘前大学医学部医学科に入学した2018年3月(17年度)卒の地域枠学生54人のうち、2年間の卒後臨床研修を経て今春、2人の医師が、要件対象外の県外の医療機関に就職したことが3日分かった。ルールに反した“県外流出”は、16年度卒に比べ半分、過去最少だった11年度卒と同じ水準となったが、同大は「地域に残って地域医療のために貢献するのが地域枠の趣旨。全員がルールを守ってほしい」と呼び掛けている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)