九艘泊沖で遊覧船と並んで泳ぐカマイルカ
イルカがジャンプするたびに歓声を上げた児童たち

 青森県むつ市の脇野沢小学校(原穣(ゆたか)校長)は1日、陸奥湾でイルカ観察調査の授業を行った。全校児童12人が遊覧船「夢の平成号」(一般向けは運休中)に乗り、九艘泊沖で元気に泳いだりジャンプしたりする約30~40頭のカマイルカの姿を確認した。児童たちはイルカを見つけるたびに「いた!」「おお~!こっちにも」などと歓声を上げていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。