聖寿寺館跡から発掘された中世アイヌのシロシ付き染付皿破片。中央の十字がシロシ

 青森県南部町の国史跡・聖寿寺館跡(しょうじゅじたてあと)の出土品47点が、6日から東京を皮切りに5カ所を巡回する「発掘された日本列島2020」展(文化庁など主催)の新発見考古速報として、全国的に注目されている7遺跡の一つとして展示されることになった。町教育委員会によると、同館跡の出土品が全国規模の遺跡展で展示されるのは初めて。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)