オンライン会議方式で行われた県原子力政策懇話会の専門家会合

 青森県は2日、県原子力政策懇話会の5回目となる専門家会合を開いた。新型コロナウイルス感染症対策のため、初めてオンライン会議方式で行い、11人の委員がそれぞれの専門分野から日本原燃・MOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料工場の安全対策を確認した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)