陸揚げした網からウスメバルを1匹ずつ取り外していく漁業者ら=1日午後9時10分ごろ、小泊漁港

 青森県中泊町小泊沖で1日、ウスメバルの刺し網漁が解禁となった。小泊、下前両漁協の所属船が同日夜、漁獲したメバルを次々と水揚げし、ハマは活気づいた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)