青森県むつ市の宮下宗一郎市長は1日の定例会見で、今夏予定している市職員採用試験を全てウェブ上で実施すると発表した。基礎能力検査、面接ともに自宅などから受験してもらう。

 市は新型コロナウイルスの影響を考慮し、受験者の安全確保と移動負担の軽減を図るためとしている。

 受験者には、市が試験のためのパスワードを送信する。1次試験は7月27日から8月3日までの間に、民間の性格・基礎能力検査を1回受けてもらう。2次試験は8月22、23日の2日間の日程で、オンライン面接を行う。詳細は検討中。募集人数は30人程度を予定している。

 これまでは1次、2次ともにむつ市役所が会場だった。昨年度は約80人が受験した。市は本年度の実施状況をみて、来年度以降もウェブ試験を継続するかどうか検討する。

 会見で宮下市長は「全国各地から受験者が足を運ばなくても、試験ができるメリットがある。今までと同じ水準でできるよう、工夫していきたい」と話した。