青森県八戸市が新型コロナウイルス軽症患者の療養宿泊施設として活用を見込んでいた同市鮫町の「八戸シーガルビューホテル」について、県が「療養施設に適さない」と市に回答していたことが1日、分かった。同施設は浴室がない部屋が多く、大浴場など共有スペースを使った場合、患者の動線を分けられないことが理由。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)