患者役の市職員に対し、ドライブスルー方式での検体採取を実演する医師(左)

 八戸市医師会は1日、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査の体制強化へ向け、軽症者の検体を採取する「検査センター」を1日に開設した。同センター開設は青森県内初。同日は担当医師が、車に乗ったまま検査を行うドライブスルー方式での検体採取を実演した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。