新型コロナウイルスの収束を願って1日、全国各地で一斉にサプライズ花火が打ち上げられた。県内では昭和大仏(左)がある青森市の青龍寺など6カ所で大輪が夜空を飾った=1日午後8時3分
新型コロナウイルスの収束を願い、湖畔を彩った打ち上げ花火=1日午後8時すぎ、十和田湖休屋

 新型コロナウイルス収束を願い、花火を製造する全国163業者が6月1日午後8時、各地で一斉にサプライズ花火を打ち上げた。青森県では2業者が県内6カ所でそれぞれ20~35発を打ち上げ、大輪が悪疫退散の願いや希望の光を届けるかのように夜空に輝いた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。