シャッターが下ろされ、営業停止を知らせる紙が張られた浅草焼中央古川通り店=31日午後、青森市古川1丁目

 青森市内で老舗おやき屋「浅草焼」4店と飲食店2店を展開する「たかのや」(高野悦子代表取締役)は31日、同日付で営業を停止し、近く青森地裁に破産手続きの申し立てを行うことを明らかにした。申し立て代理人は田村良法律事務所(青森市)の田村良弁護士ら。同法律事務所によると負債額は7千万円前後で、従業員約40人は同日付で全員解雇となった。浅草焼の浜田店(青森市)と五所川原エルム店(五所川原市)は別会社が経営しているため、営業を継続する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。