青空の下、サッカーの練習に汗を流す子どもたち=31日午前11時すぎ、青森市の合浦公園

 31日の青森県内は高気圧などの影響で青空が広がり、最高気温は三戸29.9度、碇ケ関27.1度、弘前26.4度と6月中旬から7月下旬並みとなり、8地点で今年最高の気温を記録した。23.5度を観測した青森市では、公園や広場でスポーツなどを楽しむ市民らの姿が見られた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。