アマビエのポスターを掲示する「おもてなし隊」の生徒たち

 新型コロナウイルス感染症の収束を願い、観光ガイドなどを行う青森西高校の有志団体「おもてなし隊」の生徒55人が29日、新青森駅構内に疫病を払うとされる妖怪アマビエを描いたポスターを掲示した。3密回避やマスク着用などの「新しい生活様式」を周知する内容で、生徒は「新型コロナ感染が収束し、笑顔になれる世の中に戻ってほしい」と願っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)