患者体内の線量分布図を見ながら放射線治療計画を検討する真里谷医師=26日、青森労災病院

 青森県八戸市の青森労災病院は、がんに対する高精度な放射線治療「VMAT(回転型強度変調放射線治療)」を7月から導入する方針で準備を進めている。今年1月から実施している治療システムを高度化する。手術や抗がん剤などによる治療に加え、患者の選択肢を広げて、個々の病状や身体状況に一層適した治療に努める。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。