八食センターでは多くの買い物客の姿が見られた=30日午後1時半、八戸市
新緑を楽しむ親子連れらの姿が目立った弘前公園=30日昼ごろ
アザラシの水槽は子どもたちに大人気。床にはペンギンの足をかたどったソーシャルディスタンスを呼び掛けるシール(手前左)が貼ってある=30日正午ごろ、青森市の県営浅虫水族館
JR新青森駅新幹線改札口。「いくらか人出が戻ってはきている」(同駅員)というが、感染拡大前の週末に比べれば「まだまだ」=30日午後

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全面解除されてから初の週末を迎えた30日、青森県内の広い地域が7月並みの陽気に包まれ、各地の観光関連施設は少しずつにぎわいを取り戻していた。さらに人出が回復することを期待しつつも、感染拡大の「第2波」を心配する声も聞かれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。