「2021年度上期」とする完工目標までの工程について「あらためて精査する」と述べる増田社長

 日本原燃の増田尚宏社長は29日、青森市内で開いた定例会見で、「2021年度上期」とする六ケ所再処理工場の完工目標を堅持した上で「今後の全体の工程をあらためて精査し、正式合格後に公表する」との考えを示した。安全審査で「事実上の合格」を得たことに対しては、「大きな前進と受け止めているが、工場の完工、操業が大切であり、今回は節目のひとつ」と冷静に捉えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)