新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった青森県高校総体の代替大会が全35競技中、24競技で開催される見通しであることが29日、県高体連や各競技専門部への取材で分かった。感染リスクを拭えないため、陸上、水泳、ボート、剣道、レスリング、なぎなたは断念。集大成を飾れず引退する3年生も一部出ることになった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。