青森県むつ市の宮下宗一郎市長は28日、市内小中学生への1人1台のタブレット型端末配備と、各学校への無線LAN環境整備計画を前倒しして、2020年度中に大半を実施する方針を示した。事業費は3億6千万円で、うち2億1千万円は新型コロナウイルス対策の国補助金を活用する。関連経費を計上した予算案を6月10日開会予定の定例市議会に提出する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)