弘前大学の解剖学実習室。新型コロナウイルス感染予防のため前期の実習は中止となった(同大学提供)

 弘前大学医学部の解剖学実習が、新型コロナウイルスの影響で中止となり、再開の見通しを立てられず、関係者は頭を悩ませている。同大の前期授業は、感染防止のためすべてオンラインで実施し、対面の実習は中止となっている。担当者は「解剖実習は、人体構造の知識習得だけでなく、医療人としての自覚、使命感、責任感を養う大切な授業。後期授業で、何とか工夫して時間を確保したい」と語る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。