八戸前沖で漁獲された天然トラフグ(右)と「てっさ」を持ち「福宅」をPRする芽生会のメンバー

 青森県八戸市などの料理店でつくる「八戸日本料理業芽生(めばえ)会」(野呂裕人会長)は、八戸前沖で漁獲される旬の天然トラフグを家庭でも味わってもらおうと、5月上旬からフグ料理を宅配するサービス「福宅(ふくたく)」を行っている。八戸、青森市の計7店が6月下旬までの期間限定で、てっさ(刺し身)や唐揚げ、てっちり(フグ鍋)などを単品またはコースで、店内価格より1、2割程度安い3千~1万円前後で提供する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。