県内百貨店で予約販売されるジュノハート

 青森県は27日、サクランボの県産新品種「ジュノハート」の今年の予想収穫量が、およそ5万2千粒(600キロ)だと発表した。木が成長し、1本当たりの生産量が増えたことなどから、県内デビューした昨年の倍近く収穫される見通しとなった。このうち、粒が大きい上位等級品「青森ハートビート」は4400粒程度を確保できる見込み。7月の販売開始を前に、県内百貨店は6月上旬から数量限定で予約を受け付ける。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。