最初にクマが目撃された弘前市青山の交差点付近=27日午前8時50分ごろ

 26日午後11時ごろ、青森県弘前市青山5丁目、北小学校から北に約500メートルの市道で、クマ1頭がいるのを通行人が目撃し、110番通報した。27日午前4時20分ごろにも、最初の現場から数百メートル東側の同市向外瀬の市道付近で、別の通行人がクマを目撃し通報。さらに同日午前5時前、近くの国道7号をクマが渡ったとの通報が弘前署にあった。

 同署によると、クマは体長1メートル以上。1回目の目撃場所は、すき家弘前青山店近くの交差点付近、2回目は六花酒造付近で、周囲は住宅街。人的、物的な被害はない。

 27日朝、弘前署員や市職員が周囲を巡回。市教育委員会は、第一中学校学区の4小学校と同中学校に、登校時の見守り強化を要請した。北小学校は、保護者に注意を呼び掛ける緊急メールを出した。同小の鈴木直大教頭は「この付近でのクマの目撃はあまり例はない。ボランティアらの協力を得て、見回りをしている」と話した。