青森国際ホテルの玄関に新たに張られた「関係者以外立ち入り禁止」の紙。フロント付近には電気がついていた=26日午後

 レストラン、宴会場、結婚式場…。青森市中心部にある青森国際ホテルは長年、宿泊施設としての機能に加え、さまざまな役割を担い、市民にとって身近で親しみ深い存在だった。新型コロナウイルスの影響を受け休業している中で、25日に運営会社が破綻。「残念」「また再開して」-。一夜明けた26日、市内の経済界や観光業界、市民らに衝撃が走り、悲嘆の声や再出発への期待が聞かれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。