給食で「がんばる丼」を味わう福田小6年生
給食の特別メニューとして出された「がんばる丼」(左)

 青森県南部町は25日、町内の全小中学校12校の給食に「がんばる丼」と名付け、県産牛肉をふんだんに使った牛丼にハンバーグと目玉焼きをのせた特別メニューを出した。同町のボートピアなんぶを運営する「グッドワン」(東京、古澤英彦代表取締役)から「新型コロナウイルスで暗い話題が多いので、子どもたちに元気が出るように使って」と寄付された100万円を活用。子どもたちはボリューム満点の給食を味わった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。