環境に配慮した安全な農作物を生産している農場にお墨付きを与える国際認証制度「グローバルGAP」を広く普及させようと、GAP普及推進機構(東京都)が、9月16日を「G.A.P.の日」と制定した。青森県弘前市の「片山りんご」が日本で初めて、グローバルGAPの前身「ユーレップGAP」の認定を受けた日付にちなむ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)