洗卵、選別、包装などを行う施設。県内採卵養鶏業者から鶏卵価格低迷の長期化を懸念する声が上がる(あすなろファーム提供、写真と本文は直接関係ありません)

 新型コロナウイルスの影響で、鶏卵の5月の取引価格が全国的に下落している。飲食店などが休業を余儀なくされたことで、業務用の需要が落ち込んでいるため。生産者が苦境に陥らないよう、減収分を一定程度穴埋めする制度はあるものの、状況が長期化すれば補填(ほてん)しきれなくなる可能性がある。青森県内の採卵養鶏業者は「価格低下が長引けば経営への影響は大きい」と不安を募らせている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。