暴発した散弾で破損した消防車両の側面(県提供)

 24日午前9時15分ごろ、青森市の青森空港で、鳥が飛行機に衝突する「バードストライク」の対策として駆除業務を実施している県猟友会東青支部の担当者が散弾銃を暴発させる事故が発生した。担当者がいた控室の壁を貫通し、隣接する消防車両庫に駐車していた消防車の側面などを破損したが、けが人はなかった。県が25日発表した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。