正午前に飲食店から大鰐町役場に届いた昼食

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている青森県大鰐町内の飲食店を応援しようと、町職員組合(原子慶隆執行委員長)は11日から15日までの3日間、組合費で地元飲食店が作った昼食をまとめて購入して食べる取り組み「大鰐おた飯(めし)(お試し)」を実施した。3日間で計228食を購入し町の活性化に一役買った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。