協定書に署名した石田会長(右)と桜田市長

 青森県弘前市は19日、岩木山商工会(石田豊章会長)と「市ごみ減量化・資源化の取組に関する協定」を締結した。同商工会は会員事業所に、古紙類の再資源化に積極的に取り組み、事業系ごみの適正排出に努めるよう呼び掛ける。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)