市の事業を利用してリンゴ園地で作業する学生(手前右)

 新型コロナウイルスの影響で、飲食店などのアルバイトを制限された青森県弘前市の学生が市内のリンゴ園地で働いている。同市が4月から始めた、新型コロナで休職を余儀なくされた市民と人手不足の農家をマッチングさせ、農作業に携わってもらう支援事業の一環。24日は弘前大学の学生が実すぐり作業を行った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。