青森県内の経済団体代表者はそれぞれ、新型コロナウイルスの影響で県内の飲食や観光関連業者などは深刻なダメージを受けているとして、「10万円は地元で消費を」と要望した。特別定額給付金制度には一定の評価をしつつ「給付にスピード感がない」「すぐに消費に結びつかない」などの厳しい意見も上がった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)