青森県黒石市は、消費の活性化を図り、新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少している市内飲食店などを支援する「黒石グルメ券」の参加店を募集している。市内に本店がある飲食料品小売業と飲食店(フランチャイズ店を除く)が対象で、第1次募集の締め切りは6月10日。

 グルメ券は市独自の経済支援策。市内の約1万4千世帯に対し、1世帯当たり3千円分交付する。券は12月下旬まで使用可能。市は6月中の発送を目指しており、グルメ券のほか、1次締め切りまでに応募があった取扱店一覧のチラシを同封する。

 市商工課の山口俊英課長は「グルメ券を活用し、飲食業の活性化につながれば。多くの店にぜひ参加してほしい」と話した。対象店舗数は200店ほどの見込みで、1次締め切り以降も随時参加を受け付ける。事業費は5463万円で、財政調整基金を充てる。

 参加を希望する店舗は、市のホームページから申請書をダウンロードし、同課に郵送する。問い合わせは同課(電話0172-52-2111、内線641、642)へ。