青森県外ケ浜町は23日までに、町内の商店で使えるプレミアム商品券の発行などの新型コロナウイルスに関する経済対策を行う方針を決めた。

 商品券のプレミアム率は、30~50%で検討している。差額は町が負担する。

 このほか、町内の高校生1人当たり1万円を給付し、現在5割減としている給食費を8割減とする。

 また、山崎結子町長は同日までに、7月から来年3月までの町長給料と、12月の期末手当を20%削減する方針を固めた。9カ月間で計164万円の削減となる。教育長は給料10%削減とする意向。町議会は、本年度の視察研修費約287万円を町に返上する。いずれもコロナ対策に充てる方針。

 支援策の関連事業費約1億1895万円を盛った2020年度一般会計補正予算案や、特別職の給料削減に関する条例改正案を、6月8日開会の定例町議会に提案する。