「ヒラメのからすみ」にする魚卵を慎重に取り出す滝渕社長
全国的にも珍しい「ヒラメのからすみ」

 青森県鯵ケ沢町の水産加工施設で、全国的にも珍しく商品化された「ヒラメのからすみ」の仕込みが行われている。今年は魚卵の発達が半月ほど早く、4月中旬に仕込みを開始。6月ごろまで続く見込みで、塩漬けや乾燥などを経て最短1カ月で完成する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から