東奥日報社は22日までに、青森市内で開催予定だった本年度の「日本の書展・公募青森県書道展」を中止することを決めた。新型コロナウイルス感染症の収束が見通せないため。

 両展は、東奥日報のほか全国書美術振興会、共同通信社、県書道振興会議、東奥日報文化財団が主催。現代書壇の一流作家による全国巡回展である「日本の書展」は47回、高校生以上を対象に県民から広く作品を募る公募展の「県書道展」は19回、それぞれ昨年まで開かれている。