電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は22日の定例会見で、日本原燃・六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)の安全審査「合格」について「原子燃料サイクルの確立へ向けた大きな前進」と歓迎した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)