田植え前の水田をならす作業に取り組む江良さん=15日、中泊町中里

 高齢者の就業を支援し、生涯現役で活躍し続けられる地域の仕組みづくりを推進するため、青森県中泊町が2019年度に厚生労働省の採択を受けた「生涯現役促進地域連携事業」が本年度、本格化している。人手不足に悩む地元事業者と、働く意欲のある高齢者を橋渡しし生きがいを持って働いてもらう仕組み。人材を求めていた農家で5月から働き始めた男性は、「仕事を通じて誰かの役に立ちたい」と張り切っている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から