八戸市教育委員会は22日、市内全小中学校に対し、新型コロナウイルスの影響を受けて中止していた部活動を6月から再開し、原則通常登校にすると通知を出した。

 部活動は6月1週目は活動時間を1時間、2週目は2時間程度とし、土日は活動を行わない。3週目以降は通常通りとした。長期間活動を行っていないことから、けがの防止のため、段階的に活動時間を延ばす。対外試合については6月末まで自粛を要請した。

 登下校は原則通常通りとし、授業はマスクを着用の上、可能な限り席の間隔を空けて実施する。

 体育の授業では、活動内容によっては児童生徒の間隔を空けてマスクを外して行う。プールを使う授業は行わず、夏休み中のプール開放も実施しないとした。本年度は休校が続いた影響により健康診断が済んでいないことや、感染リスクが高いことなどを考慮した。

 また、当面マスクを着用しての学校生活が続くことから、熱中症対策として水筒を持参し、授業時間や休み時間にこまめに水分補給を行うこととした。