大盛りの階上早生そばを声援を受けながらすすりこむ早食い大会の出場者たち

 青森県階上町の初夏の恒例行事「はしかみ臥牛山まつり」が2、3の両日、同町の階上岳登山道に近い「交流の森広場」などで行われた。3日は町名産のソバ・階上早生を100%使ったそばの早食い大会が行われ、参加者の奮闘に会場から盛んな声援が送られた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)