関係者に見送られて青森港を出港するブルードルフィン2の最終便=22日午後5時すぎ

 津軽海峡フェリー(北海道函館市)の青森-函館航路に就航している「ブルードルフィン2」(7003トン)が22日、最終運航日を迎えた。初就航は1994年、旧東日本フェリー(2003年に会社更生法申請)の青森-室蘭航路。海外で活躍後、10年から津軽海峡に戻り、物流や観光を支えた。6月の新造船導入に伴う引退となり、旧東日本フェリー時代から運航していたフェリーが全て津軽海峡から姿を消した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。