青森県八戸市議会は5日、正副議長選を行い、新議長に第2会派で国民民主党系の「きずなクラブ」の五戸定博議員(66)=当選5回、副議長に第1会派「自民・市民クラブ」の工藤悠平議員(38)=同3回=を選出した。2017年5月に就任した立花敬之議長=自民・市民クラブ=と、冷水保副議長=きずなクラブ=はそれぞれ、「一身上の都合」を理由に辞職した。正副議長は、15年の改選から4年間の任期中にそれぞれ3人目となった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)