説明会に参加しボランティアガイドの心得などを学ぶ町民=22日、中泊町の駅ナカにぎわい空間

 国内ステンドグラス作家の草分け・小川三知の作品や大正期の貴重な庭園が残る青森県中泊町の旧家「宮越家」の一般公開を予定している中泊町教育委員会は22日、宮越家の歴史や特徴を観光客に伝えるボランティアガイド説明会を開いた。ガイドに関心を持つ町民約30人が参加し、ガイドの心得などを学んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)