八戸小唄流し踊りの練習をする学生たち

 7月13日に青森県八戸市中心街で開催される「第48回八戸小唄流し踊り」(東奥日報社主催)に踊り手として参加する八戸学院大学短期大学部の学生たちの練習が5日、始まった。幼児保育学科の1年生約100人が、優雅な足運びや手の動きなどを日本舞踊の師範から学んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)