「けがなく、堂々と戦う」と宣誓する佐藤選手(むつトマホークス)
第1回大会で熱戦を繰り広げる「いくつになっても野球小僧」たち

 75歳以上の大ベテラン選手たちによる「県スーパーエイジ野球連盟」が発足し、5日、むつ市で第1回大会の開幕4試合が行われた。青森県内各地の4チームが参加し、最年長は84歳。「喜寿、傘寿 いくつになっても野球小僧」を合言葉に、熱戦を繰り広げた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)