ラッパー風の格好に扮しポーズを取る吉さん(徳間ジャパンコミュニケーションズ提供)

 ほぼ全編津軽弁で歌い、昨年ネット上で話題となった青森県五所川原市(旧金木町)出身の歌手吉幾三さん(67)のラップ調の「TSUGARU(つがる)」が、新型コロナウイルス感染拡大防止を呼びかける「TSUGARU~コロナに負けるな! バージョン~」として生まれ変わり、動画配信サイト「ユーチューブ」で公開されている。ラッパーの格好に扮(ふん)した吉さんが「いのちば まもるべ まずいのち」(命を守ろう先(ま)ず命を)と呼びかけている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。