関西電力が使用済み核燃料を搬入・一時保管する目的で、青森県むつ市の中間貯蔵施設を運営するリサイクル燃料貯蔵(RFS)に出資する方向で調整中との報道について、世耕弘成経済産業相は5日午前の閣議後会見で、「そもそも前提となっている報道は関電自身が否定している。これが明確だというふうに思う」と述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)