メロンの苗を植え付ける五所川原農林高校生物生産科の生徒たち

 青森県五所川原市の五所川原農林高校(菊地建一校長)生物生産科の1年生35人が5月29日、同校の畑でメロンの植え付け実習を行った。同校は2017年にメロンで農産物の安全管理に関する国際規格「グローバルGAP」を取得。今年も認証継続を目指す方針で、生徒たちは丁寧に作業を進めていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)