覚書を交換し記念撮影する海洋機構の職員とむつ工の生徒たち
開発に使う装置類を説明するむつ工電子科の生徒

 青森県むつ市のむつ工業高校と海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、洋上で風向風速を測るセンサー開発に向け協力する覚書を交わした。22日、同校で締結式を開いた。海洋機構は、現在計画している海流などの予測システムに、生徒たちが開発するセンサーを役立てたいとしている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。