ハサップによる衛生管理について情報共有した連絡会議

 食品衛生管理の国際基準「HACCP(ハサップ)」の導入推進に向け県は4日、青森市のラ・プラス青い森で、関係団体との情報共有などを目的とした連絡会議を初めて開いた。国が食品衛生法を改正してハサップによる衛生管理を制度化するのに合わせ、県も相談体制を整えて食品事業者を支援していく。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)