青森県は21日までに、今漁期(2020年4月~21年3月)のクロマグロの漁獲枠を拡大すると発表した。国が留保分を各都道府県に配分したものと、前漁期に県内で消化しきれなかった枠の繰り越し分の合計で、大型魚(30キロ以上)は53.1トン増の513.9トン、小型魚(30キロ未満)は87トン増の343.3トンとなった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から