21日に行われた青森県議会文教公安常任委員会で、県教育委員会の和嶋延寿教育長が、新型コロナウイルスの影響で多くのスポーツ、文化関連の大会が中止・規模縮小となり悲嘆に暮れている生徒たちを思いやる場面があった。和嶋氏は「苦しい思いをしている子どもたちを支え、前向きに送り出せるように県としても応援したい」と語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)